リレーボックスからKEYER XS経由に戻しました

以前バグキーの時だけサイドトーンが「ガサガサ」と不快な音が混ざるので、リレーボックスを経由しておりました。

が、この頃 Vibroplex Original Deluxe の長音だけリレーボックスを経由しても「ガサガサ音」が復活してしまいました。(注:なおこのサイドトーンの汚れはFTDX10だけで、ICOM IC-7300/705では発生しません)

リレーボックスの前に使っていた「げじげじ倶楽部 KEYER XS」のストレートキー端子(赤いKEYボタンのタクトスイッチ)経由にすると綺麗なサイドトーンが蘇ったので、このフォーメーションに戻すことにします。回路図を見るとこのストレートキー端子はただKEYOUTに垂れ流ししている訳でなく、マイコンに繋がっており、なんらかの制御が行われている模様です。根拠の無い想像ですが、◯ms以内のON/OFFはチャタリングやカスレとして処理して回路をON/OFFしない・・・とか。知らんけど。w KEYOUTはフォトカプラ経由になっています。

KEYER XS の電源はボタン電池 CR2032。省電力設計でふつーに使って3ヶ月~半年は持つとのことですが、電池交換をするのに精密ドライバが必要で実に面倒くさいので、これを単3アルカリ電池2本にし、電池ボックスの上にキーヤ本体を載せることにしました。

手持ちの電池ボックスが単3電池3本のものだったので、バランスを考えて真ん中の1本部分を短絡して3Vを供給することにします。

KEYER XS のボタン電池ソケットはいつでも元に戻せるよう、そのまま基板上に取り付けたままにしておきます。

f:id:jf0rrh-1:20240301213237j:image
f:id:jf0rrh-1:20240301213241j:image

せっかくですから電池ボックスからのリード線をはんだ付けしてから、どれくらいの電気を食うのか、テスタで電流を測ってみます。

スクイズ操作時:マーク時間によって5〜8mA

ストレートキーダウン時:9.6mA

f:id:jf0rrh-1:20240301213900j:image

電源スイッチONで未使用時: 何と0mA!

測定レンジを2mAにしても0のままピクリともせずの測定不能。と言うことは使い終わっても電源スイッチをいちいちOFFにしなくても良いと言うこと?? と思うほど確かに省エネ設計です。 

不使用時の電力消費についてはマルツのキーヤは4mA弱は流れているので、電池駆動の場合は電源スイッチをOFFっておかないと1~2ヶ月程度で電池切れになりました。

CR2032を単3アルカリ電池2本直列に交換するので、容量も大きくなる筈ですから、電源スイッチONのままで1年くらい持ては良いかな?と期待。

一応調べてみると CR2032は3Vで220mAH、単3アルカリ電池2本直列3Vで1800mAH。ざっくり約8倍長持ちと言う計算になります。
ボタン電池で3~6ヶ月持つとすると、単3アルカリ電池2本なら24~48ヶ月・・・ほんとにそんなに持つのかな? 自然放電もあるでしょうから話半分としても1~2年は持ちそうですね。

電池ボックス内の電池1本分を短絡処理してから、キーヤを電池ボックスの上にちょこんと載せ、マジックテープで固定して作業完了。

f:id:jf0rrh-1:20240301214710j:image
f:id:jf0rrh-1:20240301214714j:image

電池ボックスの底面にKEYER XSに付いていたゴム足を移植
f:id:jf0rrh-1:20240301214717j:image
f:id:jf0rrh-1:20240301214707j:image

キーダウン時に赤いLEDが光るのも、これはこれで良いですね。

f:id:jf0rrh-1:20240301215027j:image

 

免許はおりましたが

何の弾みか勢いか分かりませんがICOM IC-7610を買うことにしました。

f:id:jf0rrh-1:20240226160847p:image

固定局100Wの免許もFTDX10でおろしてましたから、免許状の内容変更を伴わないので電子申請で技適送信機を追加する旨の届出をした瞬間から使えるものだと安心していました。届出したのは2024年2月9日。

ところがどうやら昨年から固定局送信機の増設・取替には電波防護指針に合致していることを示す書類提出が必要だとお達しがありました。これが2月15日。

アンテナ利得はダイポールアンテナ以下なのは明白なので、人が立ち入ることのできないところまでの距離を書いた簡単な書類を付けて即日再提出しました。(2月15日)

f:id:jf0rrh-1:20240226161837p:image

審査中にステイタスが変わったのが2月22日。3連休が明けた2月26日に審査終了となっていました。

もしかして、初めから書類付けて届出たら、1週間以内に審査終了してたんじゃないでしょうか。

ま、もっとも現在ICOMアマチュア無線機はほぼ欠品中で、いつ入荷するのかよくわからない状態でして、免許が下りても肝心のトランシーバが無い。。。

早く来ないかなぁ。笑笑

RIGと電鍵の接続

こんなふうにつなげてます。

f:id:jf0rrh-1:20240222204657j:image

左側のツマミの付いたハコはRIGの切り替えです。

f:id:jf0rrh-1:20240222204816j:image

この切替器は以前このブログに記事として書きました。

左上から2本ミニプラグが出てますが、上がFTDX10、下がIC-7300Mのキー入力端子に繋がっています。コレあと2回路有るので.もう2台RIGが増えても切り替えて使うことができます。(最近までIC-705も繋げてありました)

反対側右下から1本生えているミニプラグはキー入力端子。ここに5分岐させたミニジャックが刺さっています。

f:id:jf0rrh-1:20240222205319j:image

f:id:jf0rrh-1:20240222205806j:image

5分岐は左からエレバグキーヤ(パドルはバイブロのシングルレバー)、中華エレキー(パドルはベンチャーJA-2)、途中2個空きがあって最後の5本目はカスレやチャタリング緩和用のリレーボックスが繋がっています。

f:id:jf0rrh-1:20240222205556j:image

このリレーボックスの製作も以前ブロクに載せてます。

トランジスタスイッチキーイングはそのまま繋げ、メカバグや縦ぶれストレートキーなどの物理キーイングはこのリレーボックス経由で繋ぐようにしています。

このリレーボックスのキー入力側も3分岐させてありバイブロバグキー、ベガリバグキー、ハイモンドHK-808が各々並列に繋がっています。

Vibroplex 新旧シングルレバーパドル

エレバグのパドルとしてバイブロのシングルレバーパドル VIBROKEYERを愛用しています。

f:id:jf0rrh-1:20240221212753j:image

右が最初に入手したもの。ヤフオクで落札しました。シリアルナンバーを調べると1975年の製造。

年代物のシングルレバーでも性能的に何も問題はなかったのですが、何となくピカピカのDeluxeが欲しくなり昨年2023年に新品で購入したのが左のパドルです。

半世紀も前に売られていた製品が、今まだ新品で販売されてるって凄いことですよね!

この2台は機構的な違いは殆どありませんが、一点だけ違うところを発見。

f:id:jf0rrh-1:20240221214032j:image

分かりにくいのですが1975年モノはシャフトとGNDを接続するためのコイル的なケーブルがネジ止めされています。新品Deluxeはこの部分の接続ケーブルは存在せず長短点の調整バネそのものが導通媒体となっているようです。

f:id:jf0rrh-1:20240221214611j:image

あと、このシングルレバーパドルだけではなく、Vibroplexと書かれた銘板が旧タイプ・新タイプで異なります。旧タイプのエンボス的な方がカッコいいと思います。(当社比w)

f:id:jf0rrh-1:20240221222142j:image
f:id:jf0rrh-1:20240221222146j:image

 

続・メカバグとエレバグ

昨年2023年の6月初めあたりからバグキーを使うようになりましたが、始めてすぐにバグキーで綺麗な符号を送出する難しさを思い知りました。笑

f:id:jf0rrh-1:20240218001753j:image

そこで血の滲むような訓練が嫌な自分は、なんとか楽をして綺麗な符号が打てないものか・・・と考えた末にたどり着いたのがエレバグでした。 記録を紐解いてみると2023年8月のお盆休み明けにはバイブロのシングルレバーパドルをエレバグのマニピュレータとして使う気まんまんでヤフオクでゲットしていました。笑

初めてバグキーを使うようになってから2ヶ月半で敵前逃亡状態。www

メカバグは短点・長音のタイミングを揃えて綺麗な符号にする技能向上は当然のことですが、短点を物理的な錘の左右振動で作るという構造上カスレ問題からもなかなか逃れられません。

カスレを解決するためにリードスイッチ化してみたりしてみましたが、物理的な加工・改造も伴い万人にオススメもできません。

メカバグのカスレを低減するための調整方法として、不肖ワタクシがたどり着いたのが、短点コンタクトギャップを広めに取ることでした。

広めとは1.0mm~1.5mmくらいです。

バイブロバグキーの調整方法を解説してくれている動画では3mmとおっしゃってましたが、自分にはそれではマジ広すぎでなんとかカスレとフィーリングのトレードオフでたどり着いたのが1.0mm~1.5mmという訳です。

短点生成はシャフトをネジの先端にぶつけたその反作用を錘の左右振動に変え、行き来するある点に接点を置いて短点としているわけです。カスレはその行き来の振幅量が多ければカスレにくくなるようです。(当社比w)
振幅量を増やすには短点送出時のパドルを大きく・速く(強く)操作する必要があります。(鍵盤楽器のベロシティ的な・・・)

この短点送出操作ギャップが大きいのが、自分好みではないというのもメカバグが上手くならない原因のひとつかなーと考えています。(あ・もちろんエレバグにはオートスペースが付いているので、練習ナシで綺麗な符号になるという理由も大きいですが。)

 

スクイズパドルも縦振り電鍵もコンタクトはごく狭いのがお気に入りでして・・・。

そんな訳で早いうちからエレバクに逃避してしまったというお話でした。エレバグのマニピュレータとして使っているシングルレバーのVibroplex VIBROKEYERの長短店ギャップは0.5mm程です。 これくらいが自分には気持ち良い打鍵感覚になっています。

メカバグ Vibroplex Original Deluxe の短点ギャップ 1mm強。

エレバグ Vibroplex VIBROKEYER Deluxe  短点ギャップは0.5mmくらいです。

続・電鍵端子のミニジャック化

バイブロのバグキー1台だけ接続端子のミニジャック化をしてみたら、他のもやらなきゃいけないような気がしてきまして工作開始しました。

f:id:jf0rrh-1:20240217133244j:image

手始めにバイブロのシングルレバーパドルに着手。

部品はスレテオミニジャックがマルツオンラインで、

Y字端子(U字?)はアマゾンで調達しました。

https://www.amazon.co.jp/dp/B0B4RY243T?ref=ppx_yo2ov_dt_b_product_details&th=1

気にしたのはケーブルの出す方向と長さ。Y字端子の半田付けとカシメは慣れたものです。笑

f:id:jf0rrh-1:20240217134840j:image

f:id:jf0rrh-1:20240217134354j:image

バイブロのシングルレバーパドルに取り付けました。

f:id:jf0rrh-1:20240217134958j:image

f:id:jf0rrh-1:20240217135017j:image

バッチグー(死語)でした。

次に最近お仲間になったハイモンドのHK-808と以前からの住人HK-702。

f:id:jf0rrh-1:20240217135127j:image

f:id:jf0rrh-1:20240217183016j:image
f:id:jf0rrh-1:20240217183013j:image
f:id:jf0rrh-1:20240217183009j:image

2極のは超簡単!

次はベンチャーのJA-2ダブルレバーパドル。

f:id:jf0rrh-1:20240217135456j:image

後部中央のゴム足にGND端子を取り付けたステレオミニジャックを共締めして固定。

ダッシュ極・ドット極をリード線で半田付けして完成。

f:id:jf0rrh-1:20240217135809j:image

f:id:jf0rrh-1:20240217135821j:image

f:id:jf0rrh-1:20240217183144j:image

アクリルケースを取り付けてますが、ケース無しの状態でも大丈夫です。

問題はベガリ Intrepid。小さなミニジャックでもうまく収まらず、やむを得ずメスプラグを取り付けて解決。

f:id:jf0rrh-1:20240217140317j:image

f:id:jf0rrh-1:20240217183208j:image

次はバイブロのBlue Racer Standard。

f:id:jf0rrh-1:20240217183354j:image

f:id:jf0rrh-1:20240217183408j:image

次はもう1台あるバイブロのシングルレバーパドル。

f:id:jf0rrh-1:20240217183558j:image

f:id:jf0rrh-1:20240217183620j:image

最初に作ったやつより線を短くしてみました。

次のハイモンドBK-200も短くし過ぎて、かなりムリムリ。。。

f:id:jf0rrh-1:20240217183744j:image

f:id:jf0rrh-1:20240217183755j:image

トリを飾るのがハイモンドのBK-100。こらもベガリ Intrepid 同様、端子がケースの中にあるので、ベガリと同じでメスプラグを外に引き出しすしかありませんでした。

f:id:jf0rrh-1:20240218124203j:image
f:id:jf0rrh-1:20240218124210j:image

これで所有している電鍵は辰キーを除き全てステレオミニジャックが装備されたことになりました。めでたしめでたし。

電鍵端子のミニジャック化

何台もバグキーやらストレートキー・パドルを持ってると、とっかえひっかえ端子を繋ぎ換えるのが面倒です。

CQ OHMのCW-ONEなどは初めから端子がステレオミニジャックになってまして、すべてのキーがこの方式になれば良いのに・・・とずっと思ってました。

そんな時、A1CLUBのお仲間 JH6SIZ が遂にポチり落札してしまった(笑)バイブロのバグキーに元のオーナがステレオミニジャックを取り付けてあったとのことでした。その画像を見て、自分も手持ちの部品でなんとかできるんじゃないかと思い粗製急造してみました。

ステレオミニジャックのコモン(GND)にY字端子をハンダ付けし、もうひとつの端子にはビニル線経由でやはりY字端子をカシメて接続。

これをバイブロのOriginal Deluxeの端子に取り付けてみます。

見てくれはちょっと微妙ですが、まあ用は足りてます。ネジで固定する形式の端子がある電鍵なら全部使えますし、これなら繋ぎ換えも簡単ですね。