DitDahChat電鍵インターフェイス(シリアル接続)

DitDahChatで電鍵を使うには、USBマウスを改造するかシリアルポートに接続するか2つの方法があります。

USBマウスの左ボタンに接続してみたのですが、どうも認識タイミングの問題かしっくりしないので、シリアル接続も試してみることにしました。

シリアル接続と言っても、イマドキのPCにはD-Subのシリアルポートなんぞは存在しないので、シリアルはシリアルでもユニバーサル・シリアル・バス(USB)をD-Sub 9pinのRS-232Cに変換するアダプタケーブルとメスコネクタを入手します。

ふたつ合わせてアマゾンで3800円程。

https://amzn.to/3VfvxRF

https://amzn.to/3v5qIQv

USB-シリアル変換アダプタは他に1000円未満のがたくさんあるのですが、それを買ってみて動かなかった苦い経験があり、高いけどサンワサプライブランドのやつにしました。

メスコネクタは半田付け不要で精密ドライバがあれば綺麗に接続できます。接続するのは4番ピンと6番ピン。この4-6を短絡させるとキーダウンということになります。

USBシリアル変換ケーブルのS-Sub 9pin オスのピンを見て上段5本左から1番ピン2番ピン・・・5番ピン、下段9本左から6番ピン・・・9番ピンです。
ですからオスコネクタの上段左から4本目の4番ピンと下段一番左の6番ピンですね。

てなことを書いてみたのですが、この半田付け要らずメスコネクタですとどれが何番ピンに繋がっているかまで書いてありました。w

4番と6番間違いようもありませんね。ここにステレオミニジャックを取り付けます。

f:id:jf0rrh-1:20240316153740j:image

f:id:jf0rrh-1:20240316153807j:image

【重要】4番ピン(DTR)に+極を、6番ピン(DSR)にー極(GND)を接続するようにしてください。逆だとエレキーのKEY-OUTに接続した途端にキーダウンとなるようです。

これで完成です。

f:id:jf0rrh-1:20240316153852j:image

さっそくDitDahChatサイトに行ってテストしてみます。

まずはストレートキーから

次にマルツのエレキーキットをエレバグとして

最後に中華エレキー MX-K2 をスクイズ

と、問題なく使えるようになりました。USBマウス改インターフェイスよりもレスポンスが良くなったような気がしますが、PCからのサイドトーンを頼りに送信するとミスタッチが多いのでPCからのサイドトーンの音量を絞って、キーヤーのサイドトーンを使うことにしました。

★★★【重要】★★★

その後USB-シリアルアダプタケーブルに直接エレキーのトランジスタスイッチを繋ぐと壊れる可能性があると言うことを知りまして、面倒ですがリレーボックスを経由して繋げることにしました。

f:id:jf0rrh-1:20240317084523j:image

以前作ったものです。

jf0rrh.com

DitDahChatで早速ラグチュー

USBマウス改で電鍵と繋げたので、とりあえずオンエア(って言わないのか?)してみようとDitDahChatに繋げてみました。

f:id:jf0rrh-1:20240312220123j:image

いつも7や10MHzでラグチューのお相手を頂いている JF1LXO がQSO中でタヌキしていましたら、立ち見のギャラリーもモロバレで、別のルームに移って交信開始。

やはりUSBマウス経由だと少しタイミングがオカシイのかエレバグもベガリのメカバグもミスタッチだらけで調子がよくありません。 しかたなくHK-808 縦ブレでなんとか交信。

f:id:jf0rrh-1:20240312220211j:image

途中観客がたくさん出てこられて恥ずかしいやら嬉しいやら。w その立ち見客のなかに、いつもYouTubeチャンネルで華麗なバグキー打鍵動画をアップロードされている 7K2PAR もいらっしゃって期せずして3局でのラウンドテーブルQSOになり、これまた楽しかったです。 お空のコンディションも無関係でいつも599ですから、受信ミスしてもコンディションのせいにはできません。w

JF1LXO はUSBシリアル変換アダプタを使ってエレキー接続でやってるということだったので、ジャンク箱を漁ってUSBシリアル変換ケーブルを探しましたが出てこず、しかたなく先ほどアマゾンでポチりました。600円未満でした。w

やはり和文はエレバグじゃないと。(当社比w)

DitDahChat

こんなWebアプリがあったんですね。知りませんでした! インターネットを使ってモールスを楽しむなんてことができるとは!笑笑

f:id:jf0rrh-1:20240312173306p:image

Webブラウザが使えればスマホでもPCでもタブレットでも遊べますが、その時困るのが電鍵です。

電鍵を繋げるにはシリアルポートかUSBマウスのボタンに並列に繋げる・・とのこと。

会社に転がってたHPのPC付属のマウスを貰ってきて、早速加工してみました。

f:id:jf0rrh-1:20240312173632j:image

ネジが全くなくて、どうやって分解しようとネットで調べてみたら底面のテフロンテープの下に小さなビスが隠れているという情報を頼りに、カッターでめくってみると。。。有りました!!

f:id:jf0rrh-1:20240312173826j:image

このビス4個を精密ドライバで外します。

f:id:jf0rrh-1:20240312173945j:image

基板が見えるようになりました。

f:id:jf0rrh-1:20240312174021j:image

f:id:jf0rrh-1:20240312174034j:image

この基板はプラスチックのラッチで固定されているだけのようです。これも外しちゃいます。

f:id:jf0rrh-1:20240312174155j:image

必要なのは左ボタンだけなので、センターのホイールスイッチは外しちゃいます。

基板をひっくり返すと、左ボタンのタクトスイッチの端子が見えます。ここに電鍵からのケーブルを半田付けするだけですね。簡単!

f:id:jf0rrh-1:20240312174416j:image

一応タクトスイッチを押して導通するかデスタで当たってみました。

f:id:jf0rrh-1:20240312174509j:image

この先にはステレオミニジャックを取り付けて、早速ハイモンドのストレートキー HK-702を繋げてテストすると、バッチグーでした!

f:id:jf0rrh-1:20240312174605j:image

このUSBマウス改造インターフェイスにはメカバクや縦振り電鍵はそのまま繋げてオッケーでしたが、エレキーを繋げた途端にキーダウン状態になってしまいました。

仕方ないので以前作った、リレーボックス経由にしたら機能するようにはなりました。

しかしDitとDahの感覚がなんか変。

これに慣れちゃって変な癖がつくのもいやですから、メカバクが縦振りキーで遊ぶことにしました。

 

復活再開局してから4

IC-705+AH-705でお手軽移動運用ができるようになった2021年5月。その頃超アクティブになる原因となったFT8を始めることになりました。

CWもそれなりに楽しいのですが、まだその頃は和文のリハビリも全く始めておらず、ちょっと飽きてきた頃、FT8なるデジタル通信が簡単にDXまで飛ぶという触れ込みを信じて始めました。

CQ出さずとも交信終わると、バンバン呼ばれて終わりがありません。w

もちろん家でもIC-705+AH-705でFT8を楽しみ、気づくと数千局と交信・・・。

設備拡張までには、さほど時間はかかりませんでした。FTDX10+FC40で100W固定局の免許をおろしたのは2021年7~8月頃のことです。

 

復活再開局してから3

クルマにモービルホイップ付けた移動運用でなんとか初交信ができたのですが、相対的な結果としては芳しくなく、また数か月経過・・・。

翌年 2021年2月頃のお話です。
次はベランダの手すりにモービルホイップを付け、アースはカウンタポイズ線をベランダの床にぶちまければ、家からオンエアできるんじゃね? ってことでやってみました。

結論としては惨敗・・・。

モービルホイップの時と同じで、ベランダ手すりの根元でアンテナアナライザを使って調整。SWRが充分に下がらないバンドもありますが、7MHzは綺麗に調整ができました。

喜び勇んでリグの前に座ってSWRを計ってみると、先ほどとはまったく違うところに同調点が・・・。 同軸ケーブルの取り回しでSWRが変化するのは、クルマの時よりドラスティックでした。

今ならベランダ手すりの給電部直下にコモンモードチョークを挿れて解決するところです。 その当時は訳わからず惨敗・・・。

仕方がないので IC-705専用のATU AH-705 を購入することに。

グラスファイバ釣り竿に7mちょっとのワイヤを這わせてAH-705に接続。カウンタポイズ線は5m x 5本のものをつなげてチューニングをとってみると、あーら簡単!

これで飛ぶ・飛ばないの問題はありますが、深く考えなくても3.5から28MHzまでオンエアできることになりました。

当然おそとにも持ち出してクルマから出てみます。

アンテナはグラスファイバ竿に7mのワイヤを這わせました。

これで7MHz CWなら599BK的な局との交信は手軽にできるようになりました。2021年5月頃の移動運用が楽にできる温かい時期にはタイヤベースを購入して、こんなふうなスタイルで運用できるようになりました。

 

復活再開局してから2

復活再開局をアイコムのIC-705ですることに決め、電子申請をして待つことひと月程で旧コールサイン JF0RRH が指定された局免が郵送されてきたのは2020年8月のお盆休み後でした。

まずはラジオとして使用。ご近所のNHK R1を聞いてみます。当たり前に受信できました。(笑)

家ではアンテナが設置できませんので(その当時はそう思い込んでいました)、クルマでお外に出かけて移動運用をしてみることにします。

その為に、コメットのアンテナアナライザ、7MHzものバンドのベースローディング・モービルホイップアンテナ、それからダイヤモンドのマグネットアースシート、それからCQオームのミニパドルとステレオミニプラグのついた接続ケーブル、それからそれからIC-705のスタンド。

その後モバイルバッテリと15Vを取り出すトリガケーブル・・・。いやまったくIC-705だけでは終わらず、凄い散財モードに突入しておりました。

モービルホイップの長さを調整してバッチリOK!と思って、クルマに乗り込み電波を出してみるのですが、何故かさっきまで良かったSWRの最低点がズレています。

これ今にして思えば給電部分にコモンモードフィルタを取り付けるべきでした。同軸ケーブルの外網部分に返りの高周波が乗って悪さをしてることは今なら分かるのですが、その時はさっぱり原因が分からずでした。(アンテナアナライザのコネクタを触るとSWRが変化してましたので、まさにこれが原因ですね。)

それでも何局か7MHz CWでQSOできまして、カムバックできたことを素直に喜びました。

復活再開局してから1

JF0RRH を初めて開局したのは1991年1月でした。その頃はまだケータイ電話も殆ど普及しておらず、電話代わりの通信手段とするためにアマチュア無線の免許取るかたが大部分でした、アマチュア無線機メーカもそういう方々のニーズを満たすために2m/430FMのハンディ機やモービル機の新製品をガンガン発売し、またそれがバンバン売れていた時代でした。

自分は中学生時代からアマチュア無線に興味はあったのですが、国試受験する機会がなく、結局開局したのは27歳になった頃でした。1991年から1998年くらいまでは割合アクティブにやっていたのですが、2000年以降局免も失効してしまい長いQRT期間となりました。

そんな20年間のQRTを経て、旧コールサインで再開局しようと考えたのは2020年5月に、中学生時代欲しかった八重洲の FRG-7 をなんとなくヤフオクでゲットしてからでした。

時期としてはコロナ禍が本格的になってきた時と一致していますが、巣ごもりでアマチュア無線を再開しようという訳でもありませんでした。 なんとなく FRG-7 が欲しくなってヤフオクでゲットしてしまっただけです。笑

アンテナはビニル線を背面の端子につなげ、ただ窓際まで引っ張っただけですが、ある日7MHzのCWを聞くと、なんと20年経っても欧文は、と言うかコールサインはちゃんとコピーできるのです! 「ぢぢい100でも欧文忘れず」w(和文はすっかり忘れてまして、いまだにリハビリ中w)

そこで再開局の方法をWebで調べ、旧コールサインの書かれた失効中の局免コピーを付けてJARLに証明書を発行してもらいました。

開局するにあたり、浦島太郎はWebで調べたところ、IC-705というのが新発売になり、なんと10Wではありますが、1.9~430MHzまでオールモードで出られる小さな機械が目に留まります。 なにやらSDRとか言う新技術が詰め込まれてるそうで、ゼネカバ受信(死語w)もできるから、家でアンテナ設置できなくてもBCLラジオ代わりにはなるだろう・・・ということでこれを購入して局免が到着するのを待つことにしました。2020年7月のことでした。