A1CLUBオンエアミーティングお試しキー局

毎週土曜朝に行われているA1CLUBのオンエアミーティングですが、この度短時間の「お試しキー局」にチャレンジする事にしました。(2024.4.7時点でまだ1週間も先の話ですが)

f:id:jf0rrh-1:20240406191745j:image

季節にもよりますが3.5/7/10MHzは開始早々ドパイルになり、その状態が1時間以上続く事も珍しくありません。

コンテストでRUNしても、そんなに長時間呼ばれ続けることなんて、特にウチの設備ではあり得ませんので、少し楽しみにしています。(もちろん集中が続くか不安もたっぷりありますが。笑)

問題はロギング。経験者に聞くとTurboHamlog派とCTESTWIN派の2流派に大きく分けられるようです。

自分は両方とも使っていますが、599BK形式だとコンテストQSOに似ているため、これまた使い慣れているCTESTWINでログ付けをし、CWはPCキーイングでやる事に決定!

キーイングはUSB経由でIC-7610を直接キーイングもできますが、以前購入したUSBIF4CWを使います。これにはパドルも繋げてキーヤーにもなります。

f:id:jf0rrh-1:20240406214546j:image

CTESTWINのパーシャルチェックを利用して交信相手のハンドルを自動送信させますので、最新のA1CLUBメンバーリストをゲットしてきて

JF0RRH KAZU

のように

コールサイン + 半角スペース+ハンドル

のテキストファイルを作ってCTESTWINに読み込ませておきます。

CTESTWINのCWパラメータはこんな感じです。

ポイントは$y というパラメータ。これは送出するRST+ハンドルからRSTを除きハンドルだけを表します。ですから

0・F5でCQを出す(CQ A1C OAM JF0RRH K)
1・呼んでくれた局のコールサインを入力
2・下向きカーソルを押してパーシャルチェックの当該行を選択
3・ENTERを押すとハンドルがRSTの後に転記される
4・F6を押して、JB1ABC(仮称) GM HOGE(仮称) 5NN BKを送出
5・相手からRSTレポートが返ってきたらF7を押してID送出
6・ENTERキーで更新情報を書き込んで次の交信に備える

の流れでOAMキー局稼業をやってみようと脳内シミュレーション。笑

自分の使っているPCキーボードは

f:id:jf0rrh-1:20240406220304j:image

こういうF(ファンクション)キーもカーソルキーもテンキーも独立していないタイプのコンパクトキーボードなので、CTESTWINでのF5などに割り当てられた機能を呼び出すのがこのままでは不便です。

そこでUSB外付けのテンキーを購入。ちょっとお値段は張りますが好きなキーに好きなキーをアサインできるプラグラマブル・テンキー使います。

これを使えばF5とかF6などを割り当てて、CTESTWINで設定した文字列をCWで送出できます。

CTESTWINのコンテストファイルは「マルチチェック無し」を選んでおきます。

その後、具体的にはこんな割り当て&交信の流れです。

f:id:jf0rrh-1:20240406221706j:image

CQ」と書かれたキーには「F5」を割り当てて、これを押すと
CQ A1C OAM JF0RRH K
が送出されます。

相手局が呼んできたら、そのコールサインをCTESTWINに入力して、左上の「下向きカーソルキー」を押してパーシャルチェックファイルから該当するコールサイン+ハンドルを選択し、その状態で右隣りの「ENT(エンター)キー」を押すと、599の直後にハンドルが転記されます。

すかさずその右隣りの「UR(F6)キー」を押すと

JF0RRH GM KAZU 5NN BK

のように送出されます

交信相手からRSTレポートが返ってきたら

その右隣の「TU(F7)キー」を押して

TU JF0RRH A1C OAM K

を送出したあと「ENT(エンター)キー」を押して交信データを書き込み、次の局のコールサインに全神経集中・・・この繰り返しです。

他に割り当てたのが

「SPEED 上向きキー」に「CTRL+y」を。これはCW送出スピードアップ。
逆に「SPEED 下向きキー」に「CTRL+h」。CW送出スピードダウン。

それから「ESC(エスケープ)キー」には「ESCキー」を。これはCW送出を途中で中断する役割です。

それから「CLR(クリア)キー」には「F3」を割り当て、これは途中入力のデータを全てクリアするものです。

先日購入した外付けUSBダイヤルで、受信周波数のみ変化させてスプリットで運用し、ピックアップします。VFOつまみがキーボードの近くにあった方が便利そうなのでやってみました。

f:id:jf0rrh-1:20240406225039j:image

さて、当日どうなる事でしょうか。笑笑

GHD GN207BK お写真

お気に入りになった GHD GN207BK バグキー。 七五三の写真みたいにたくさん撮影したので、ブログに貼っておきます。

-----
錘部分です。

左側の調整ねじ。左が短点コンタクト調整ねじ、真ん中が短点可動域調整ねじ、右が短点ばね調整ねじ。

右奥の振れ止め調整ねじ。

右手前の長点調整ねじ。奥が長点コンタクト調整ねじ、手前が長点ばね調整ねじ。

同じく長点ねじを別角度で。右が長点コンタクト調整ねじ、左は長点ばね調整ねじ。

接続端子。ミニプラグを取り付けられるように加工しました。

短点コンタクト部分

全体を撮影。鏡のように輝いているので、映り込みに注意しながら撮影でした。

バイブロのシングルレバーパドル Vibroplex VIBROKEYER との大きさ比較

Vibroplex Original Deluxe との大きさ比較

何も足さない・何も引かない

大昔ウヰスキーかなんかのコマーシャルの売り文句だったような記憶があるのですが、「何も足さない・何も引かない」。(うろ覚えですが・・・)

先日お輿入れしたGHD GN207BK バグキーの振れ止めにシリコンの指サックを切って巻いてみました。 これで毎週日曜朝恒例のA1CLUB和文オンエアミーティングに出てみました。

そうすると短点後の長点の直前に短点の残骸みたいなのが出るのですね。どうも振れ止めに跳ね返って次の長点が出るまでのホンの少しの時間で短点コンタクトに軽く当たる雰囲気。低反発ではなくて、ぼよんぼよんと跳ね返る感じ。

これは余計なシリコン指サックを取り付けたのが原因? という事で取外すと問題解決。 ついでに短点カスレ防止のスポンジをヘアピンに挟んで取り付けてあったのも外しました。

出荷時の素の状態に戻し、いつもお相手いただく流山のJF1LXO局と1時間程ラグチュー。 実に快適に交信できました。

やはり余計なものは付けないほうが良いのですね・・・。(★でも、バイブロはこのシリコン指サックとカスレ防止スポンジは有効に機能してるんですけどねぇ。。。)

GHD GN207BK ミニジャック取付

新参者のGHD GN207BKだけがミニジャックがついてない状態なので早速加工しました。

f:id:jf0rrh-1:20240323141759j:image

GHD社の他の電鍵は分かりませんが、ネジでY字端子をとめるこの電鍵はネジが全部外れるためY字端子だけでなく丸型端子も使えます。

今回は手持ちがあった為、頑丈な丸型を使うことにします。必要な部品は全て手持ちのステレオミニジャックと丸型端子2個だけ。

f:id:jf0rrh-1:20240323142600j:image

ミニジャックのGND側を初めに取り付けます。ミニジャックの端子に予備ハンダをしておきます。

f:id:jf0rrh-1:20240323143317j:image

真ん中の端子に取り付ける為、左右の端子は曲げて広げておきます。

次に丸型端子のカシメ穴にハンダを詰めておきます。予備ハンダを盛ったミニジャックの端子をカシメ穴に差し込み圧着工具でカシメます。

f:id:jf0rrh-1:20240323143746j:image
f:id:jf0rrh-1:20240323143743j:image

カシメただけでは固定されない為、ここでハンダゴテを当ててハンダを溶かして接合します。熱を加え過ぎるとミニジャックのプラスチックが溶けますが、しっかり熱を加えないと後々接触不良になるので注意です。

f:id:jf0rrh-1:20240323144118j:image

もう片方も同様に処理します。

f:id:jf0rrh-1:20240323144411j:image

もう片方をハンダゴテで接合する前に、電鍵の端子に当ててみて大体の完成イメージを掴んでおきます。多少のズレは何とかなりますが、調整許容範囲を超えると、再度ハンダゴテを当てて加熱しなくてはなりませんので。f:id:jf0rrh-1:20240323144414j:image

できあがったら、ネジでとめてみます。
f:id:jf0rrh-1:20240323144408j:image

見てくれはあまり良くありませんが、かなり頑丈です。

ステレオミニプラグを取り付けてテストしてみます。
f:id:jf0rrh-1:20240323144404j:image
f:id:jf0rrh-1:20240323144418j:image

バッチグーでした。めでたしめでたし。

GHD GN207BK お輿入れ

何やら2024年3月20日〜25日までGHDキーさんちの創業祭で1割引という情報が上越方面の悪魔局からもたらされました。

f:id:jf0rrh-1:20240322212504j:image

GHDさんちの電鍵はCQオームブランドのCW-ONE-PROパドルとminiパドルは所有してますが、GHDブランドのものは持っておらず以前から気にはなっていました。

そんな中、A1CLUBの先輩たちが寄ってたかって悪魔の囁きをしてくれたお陰でGHD GN207BKをポチることになってしまいました。(笑)

昨日3月21日にポチり本日22日着荷。早い!早すぎる!(笑)

f:id:jf0rrh-1:20240322213150j:image

梱包を解くと本体の入った箱とついでに買ったコールサインプレートが。

f:id:jf0rrh-1:20240322213325j:image

開けて取り出すと説明書と本体、速度調整のおもりが入ってました。

f:id:jf0rrh-1:20240322213434j:image
f:id:jf0rrh-1:20240322213431j:image

バイブロのOriginal Deluxeと並べてみると、コンパクトなのが分かります。

f:id:jf0rrh-1:20240322215114j:image

早速錘を取り付けケーブルを繋げて調整。振れ止め調整は一番奥にあるやつなんですね。

f:id:jf0rrh-1:20240322213843j:image

バイブロと同じ位置だと思ってそこで合わせようとしても全くダメ。それは長点のギャップ調整でした。(笑)

あとはバイブロと同じ調整方法でOKでした。

錘を一番低速にセットしましたが、コレかなりのスピードです。自分は以前文房具のクリップと錘で作ってあったバリスピードもどきを錘のネジに取り付けると、ちょうど良いスピードになりました。このような追加錘は必須かも知れません。

f:id:jf0rrh-1:20240322214539j:image

早速リグのサイドトーンで試し打ちをしてすぐに気付いたのですが、このGN207BKは操作音がマジ静か! バイブロのようなガチャンガチャンでもハイモンドBK-100のようなカコンカコンでもなく、IC-7610の無音フルブレークインに合う感じの静かさなのでした。

あとコンパクトなくせに安定感があります。操作感が軽いのでハードヒットする必要もないからなのかもですが、打ってるうちに台座が動いてしまうこともありません。

短点接点のヘアピンにはカスレ防止用のスポンジを挟んでおきます。

f:id:jf0rrh-1:20240322221609j:image

使ってみた感想としては・・・アメ車のバイブロ、イタリア車のベガリ、国産で質実剛健な昔のスバルがハイモンド。で、このGHD GN207BK は誰にもオススメできるクセがなくて快適な乗り心地のトヨタ車みたいな感じでしょうか。(全部ワタシの勝手な感想です。笑)

【追記 2024.3.28】
GN207BK の取扱説明書も提供されていました。取説=調整方法ですが。
http://www.ghdkey.com/image/pdf/GN207BK.pdf

バイブロ・バグキー 振れ止めにシリコンを

千葉流山のOMに教わった振れ止め(ダンパー)にシリコンチューブを取り付ける作戦。 残念ながらシリコンチューブの手持ちはなかったのですが、代わりにシリコン指サックがあり、それを取り付けて使ってみました。

バグキーはバイブロです。( Vibroplex Original Deluxe)

ヘアピンには短点カスレ防止の為にスポンジを挟んであります。

指サックの指先の部分を切り取って振れ止め(ダンパー)に巻き付け、ダンパーとシャフト、金属同士が直接ぶつからないようにします。

シリコン指サックの切り取り方が雑で見てくれは悪いです。(笑)

金属同士が当たらなくなりガチャガチャ音が減り、シャフトと振れ止め(ダンパー)が衝突するときの衝撃を吸収するようでシャフトが暴れず符号が安定しました。(あくまでも当社比ですが・・・。w)

振れ止め(ダンパー)は固定していませんが、シリコンが殆どの場合衝撃を吸収している様が動画で分かります。(時々吸収しきれず少しダンパーが動きますが。)

バイブロのバグキー どれくらいのギャップが良い?

メカバグの中では Vibroplex Original Deluxe バグキーが好きで使う機会が多いのですが、この調整方法を教わる機会がなくて、ネット情報だけが頼りです。

調整のしかたを動画にしてくれているかたもいらっしゃいまして、とても参考になりました。

この動画の解説の通り短点ギャップを3mmにして短点が10個程度出るように短点側の振れ幅(稼働範囲)調整を行うと確かに綺麗に連続短点がでるようになります。

しかし自分の場合3mmではかなりギャップが広くてベロシティも大きくなり、長短点が切り替わるとききの触れ止めダンパーに当たる力も大きくて、次の長短点送出に影響があるようでした。(あくまで自分の場合です。当社比というやつ。w)

要するに短点ギャップが3mmでは自分には大きすぎで、これをどれほど短くすれば自分には心地よいフィーリングが得られるかをゲージを使って(目視ですが)測ってみました。

調整しながら符号送出をしてミスも少なく、符号が綺麗に出る位置を調整してから測ります。

短点ギャップは、かすれ防止スポンジにコンタクト位置が隠れてますが測ってみると2mmでした。

短点が続けて綺麗に10個以上出る振れ幅(可動範囲)は

1mmでした。

ついでに(笑)長点ギャップも測ってみました。

0.5mmでした。

このギャップは、バリスピードや錘の位置などでも変わってきます。 つまり送出する速度によっても微妙に変わってくるわけで、実にめんどくさいキカイですね。

だから面白いのですが。 これが嫌ならエレキーとかエレバグを使いなさいということですね。(そう言いながらエレバグを使っている時間が一番長いワタシでした。笑)