A1CCとA1AAの遊び方

A1CLUBではA1CCとA1AAと言う遊びを提供しています。

A1CC = 開局してから今現在まで、A1CLUBメンバーと何局交信したか、バンド毎の局数の合計をChallengeとして順位を競うものです。DXCCのChallengeとソックリです。

A1AA= 1年毎にリセットされ、その年のアクティビティを競う遊びです。項目は交信局数・A1CLUBメンバーとの交信・DX局との交信・QRPによる交信・コンテストによる交信・和文による交信などなどを各々ランキングにして、その順位の合計が少ない順番にランク付けをして競うものです。 A1CCはニューカマーが何十年選手に勝負を挑んでも絶対に敵いませんが、A1AAはその年のアクティビティを競うものですからニューカマーでもベテランに勝てる可能性があります。(笑)

ランキング一覧はこちらです。
A1CC 
https://a1club.org/a1cc/
A1CCの公式ルール

A1AA
https://a1club.org/a1aa/
A1AAの公式ルール

A1CC・A1AA共通

A1CC・A1AAの集計をするためにデスクトップに「A1CLUB」と言うフォルダを作っておきます。もちろん何処においてもよいのですが、説明しやすいようにデスクトップに置くことにします。

次にA1CLUBのメンバーリストを入手しファイルを保存します。

https://a1club.org/a1user.htm

に行って、ターボハムログ用のa1user.txt をダウンロードします。ダウンロードには認証IDとパスワードが必要です。A1CLUB入会時にメールで案内来ており、IDとパスワードが書かれています。

ブラウザの画面にa1user.txtが表示されます。

ブラウザにChromeを使っている場合は、このユーザリストの画面上でマウスの右ボタンを押して「名前を付けて保存」を選択します。

a1user.txtの保存先はデスクトップの「A1CLUB」フォルダです。

-------

実際に集計してくれるアプリは a1aa_a1cc.exe と言う実行ファイルです。

こちらからダウンロードして、先ほどのデスクトップ上の「A1CLUB」というフォルダに置いておきます。

https://a1club.org/nwd/nwd.cgi?dl:/home/a1club/www/nwd/data/a1aa_a1cc.exe/a1aa_a1cc.exe

-------

次に Turbo HAMLOGに記録されている、開局後全部の交信データを吐き出し、ファイルにしてデスクトップ上の「A1CLUB」フォルダに置きます。

Turbo HAMLOGを起動して「検索」メニューの「複合条件検索と印刷」を選択します。

交信データの抽出条件をセットします。

日付範囲は00/00/00 ~ 今日現在の日付を指定します。レコード番号は 1 ~ 最終番号までを指定。

出力先ファイル形式はADIFファイルを選択します。

AIDFの欄はRemarks2を出力を選択します。(一度クリックするとRemarks1になり、もう一度クリックするとRemarks2になります。)

出力ファイル名は任意の名前に。出力先はデスクトップの「A1CLUB」フォルダの中にLOGFILE.adif とでも指定しておきます。

この状態で「検索無し」ボタンを押します。

ここで「はい」をクリック。

これで指定した場所の指定したファイル名で交信データが出力されました。

-------

A1CCの集計

いよいよA1CCの集計をします。 先ほどダウンロードした集計アプリ a1aa_a1cc.exe をダブルクリックして起動します。

起動すると、a1user.txt の場所と、ハムログから吐き出した交信データファイル(ADIFファイル)の場所を指定する画面がでてきます。

A1user.txt と ADIF の場所を「選択」ボタンを押して指定します。

最後に一番下の「A1CC」のラジオボタンを押してから、ADIFの「集計」ボタンをおすと「集計中」の表示が数秒でた後、集計結果が下記のように出ているはずです。

これが集計結果です。

https://a1club.org/a1cc/

に行って、「Entry Form」をクリックし、自局コールサインとメールアドレスを入力

先ほどの集計結果の中にある「【A1CC一括】」の右にある数字をコピーして一括申請の窓に貼り付けて、「内容確認画面へ」をクリックします。

確認画面の下に「送信する」ボタンがありますので、これを押せば登録完了です。

-------

A1AAの集計

A1AAの集計も、先ほどTurbo HAMLOGから吐き出したデータでできるのですが、和文QSOQRP、移動運用、コンテストなどなど交信の種類がRemarks2に登録されていなければその部分の集計ができません。(もちろん得点が集計されないだけで、運用日数やDX局との交信数、CWでの交信局数やA1CLUBメンバーとの交信局数は集計されますので、まずは集計だけ先にやってみましょう。

先ほどのA1CCとの違いは一番下のラジオボタンをA1CCではなくA1AAにすることだけです。自動的に今年の2024が選ばれていますので、このまま先ほどと同じでADIFの欄の「集計」ボタンを押してみます。 先ほど同様集計中の表示が終わったら集計結果が表示されるはずです。

これを先ほど同様に、今度は

https://a1club.org/a1aa/

の「Entry Form」をクリックして、コールサイン・メールアドレス、そして一括申請の窓にコピペして、先ほどのA1CC同様データ送信すればおしまいです。

Remarks2には下記のように交信の種類を入力しておけば集計に反映します。

TEST  コンテスト交信
OAM1  欧文オンエアミーティング
OAM6  和文オンエアミーティング
QOD6  和文交信
P  移動運用
QRP  QRP運用(5W以下)

これらが重複する場合、例えば和文オンエアミーティングでしたら、当然和文交信なので

OAM6,QOD6,おんえあみーてぃんぐでしたー

のようにカンマで区切ればOKです。カンマの後に備考を入力することも可能で、集計からは無視されます。

A1AAのデータはRemarks2にデータを入力しておかなければ反映しませんが、「今日から入力しよう!」と言うことで後回しでもかまいません。まずはトライして登録することが大事です。笑