AH-730 ATUと超簡単コントローラ

6mまで対応しているCPATUですが、CG-3000 汎用ATUは28MHzまでで6mは非対応。そこでICOMのAH-730を使ってみることにしました。

f:id:jf0rrh-1:20240721132926j:image

現用のCG-3000のあったところに、そのまますげ替えであればカンタンなんですが、コントローラケーブルはそのまま使えない為張り替えとなり、土曜日の14時から2時間掛けて暑い中の設置作業となりました。

コントロールケーブルに挿れるコモンモードフィルタはAH-730直下とRIG背面に2つAbility社製のものを購入。

屋内のはこのままむき出しでもよいのですが、ATU直下でむき出しではナンなので全体を自己融着テープで巻いたあとビニルテープで巻き巻き。

たまたま手持ちのビニルテープが赤しかなかったので・・・

AH-730に接続して、これも自己融着テープ&ビニルテープで防水処理。

AH-730付属の10mコントロールケーブルでは長さが足りないので、延長用の10mケーブル(シールド付き4芯)を発注。これ片方はコネクタが付いていないタイプだったので、コネクタをアマゾンでゲットしてハンダ付けしました。

ワイヤストリッパで被覆を剥いてハンダ付け。

予備ハンダしておけば確実簡単。

コネクタの尖った側から、緑・白・赤・黒の順です。

大きさの違いはこんな感じでした。面積はそれ程違いませんが、厚みが違います。

地味な違いですが、CG-3000の金具取り付け部分はプラスチックで、このままだとプラスチックが割れたり、歪んで防水効果に影響を与えます。 AH-730は金属になっていてUボルトをそのまま取り付けてもビクともしません。

給電同軸ケーブルもAH-730直下にコモンモードフィルタを挿れ設置作業終了し、早速全バンドのチューニング状況を確認するも、なんと6mだけチューン取れず。。。その代わりと言ってはナンですが、CG-3000ではダメだった1.8MHzが(電波が飛ぶかどうかわかりませんが)チューンOKとなりました。

実際の飛び具合は翌日日曜早朝のA1CLUB和文オンエアミーティングで3.5/7/10MHzとQSOでき動作確認しました。当たり前ですがCG-3000となんら変わらずでした。

-----

ところで、今までのATUは汎用のCG-3000なので、10Wのキャリアさえ注入できれば、キャリア自動検出してチューニングが始まります。

同軸ケーブル切換器でIC-7610/IC-7300M/IC-705/FTDX10と4台のリグを切り換えれはCG-3000を共用できました。

ところがAH-730はICOMの無線機には繋がりますが、複数のICOM機を切り換えて使うことも、八重洲の無線機に繋げることもできません。

以前からAH-4 ATUをいろんなメーカのリグで使える簡単コントローラの自作記事を見てましたので、作ってみることにしました。(AH-730でも動くはずなので)

blog.goo.ne.jp

上のblogに書かれている回路図(と言うか結線図)です。超簡単!

-----

必要な部品はトグルスイッチ(電源ON/OFF)、タクトスイッチ(押してる時だけONになるスイッチ。チューニングスタート用)、LEDと2kオームの抵抗、ケース、ICOM ATU用コネクタ(メス)、配線用ケーブル、4芯ケーブル。以上です。

f:id:jf0rrh-1:20240721140842j:image
f:id:jf0rrh-1:20240721140837j:image
f:id:jf0rrh-1:20240721140840j:image

LEDはタクトスイッチと一体化してる物を選びました。トグルスイッチとタカチのケースは手持ちのものを、あとはマルツの通販とAmazonで調達しました。

ICOM ATU 4Pコネクタ(オスメスセット)
https://amzn.to/3Lyicy4

タクトスイッチ(LED付き)
https://www.marutsu.co.jp/pc/i/3095/

2kΩ抵抗(1/4W)
https://www.marutsu.co.jp/pc/i/1293/

初めにトグルスイッチとタクトスイッチの取り付け。テキトーにドリルでケースの穴あけをしたためスイッチがちょっと斜めってしまいました。(笑)

f:id:jf0rrh-1:20240721141311j:image
f:id:jf0rrh-1:20240721141313j:image

ATUからくる4芯ケーブルと電源(13.8V)のケーブルを通す穴を開けて、あとは空中配線です。まじテキトーで美しくないけど、こんな感じで完成。

f:id:jf0rrh-1:20240721141637j:image

滑り止めにシリコンの足を貼り付け、電源を繋いでテストします。

f:id:jf0rrh-1:20240721141728j:image

使い方は

①簡単コントローラのトグルスイッチをONして電源を入れます
②リグで10Wキャリアを出します
③その直後すぐに簡単コントローラのタクトスイッチをLEDが点灯するまで押し続けます(LEDが点いたら手を離します)
④タクトスイッチに付いているLEDが消えたらリグのキャリア注入をやめます
⑤チューニング完了

チューニングが取れないとLEDが消灯しません。

IC-7610でAH-730・ATUコントローラによるチューニング

動画では分かりにくいのですが、タクトスイッチ一体型のLEDランプが消えればチューニング完了です。

FTDX10でAH-730・ATUコントローラによるチューニング

これでFTDX10でもICOM AH-730 ATUが使えるようになりました。

なお、この手動チューニングをするとその周波数でのベストチューニングをしてくれるようです。ICOMのRIGに直付けしRIGフロントパネルのTUNEボタンでチューニングするとSWR2.0以下でチューニングしたところを覚えているらしく、ベストチューニングにならないように感じます。(気のせいかも)

-----

(追記 2024.7.21 20:00)

IC-705でCG-3000を使う際、IC-705はファイナル保護の為SWRが高いとき出力を絞ってしまい汎用ATU CG-3000をチューニングスタートさせることができず、途中にアンテナチューナ(手動やATU-100のようなリグサイドで使うATU)を介してCG-3000を動かすに足るだけのパワー約2.5W程度を出させるようにしていました。

jf0rrh.com

しかしAH-730では何故かATU-100経由のフォーメーションではチューニングできず、直接アンテナを接続して以前作った10Wスイッチで10Wキャリアを出させてた直後に、超簡単コントローラのタクトスイッチを押せばチューニングが取れました。

 

電鍵の使い分け

最近マイブームのGHD GN207BK バグキー。短点コンタクトギャップを広くしたことで開眼w、ついにセンターのポジションを確保するに至りました。(笑)

f:id:jf0rrh-1:20240715191547j:image

使い分けは

【Begali Sculpture スクイズエレキー 】欧文ラバスタ、599BK、DXpedi、コンテスト呼び回り

【GHD GN207BK メカバグキー 】和文交信

【Vibroplex VIBROKEYER シングルレバーパドル エレバグキー】 速度調整が簡単にできるのでゆっくり目の和文や欧文交信

と現在のレギュラー3選手の紹介でした。

なおBegali IntrepidやVibroplex Original Deluxe の両メカバグキーが控え選手に甘んじているのは、ただ単にオペデスクが狭いので置き場所の問題です。

説明書はちゃんと読むべし

ちょっと前に購入した GHD GN207BK バグキーですが、バイブロと比較して符号がキレイに出せない為、暫く放置してありました。

しかしこの GHD GN207BK はコンパクトで狭いオペレーティングデスクではバイブロのデカいメカバグより省スペースなため、なんとか調整で上手く打てるようにならないか試行錯誤してみました。
自分バグキーは打鍵音がガチャガチャやかましいのが嫌で、短点ギャップを狭くして使っていました。これがどうやら良くなかったようです。短時間なら誤魔化しも利くのですが、30分1時間のラグチューとなると、この状態では短点長点(マーク)間のスペースがバラつき、汚い符号になってしまいます。
そこでふと思い立ち、短点ギャップを広めに取ってみたらどうだろうか?と調整してみたらビンゴでした。確かにガチャガチャ打鍵音が大きくはなりますが、そもそもヘッドフォンつけて運用することの方が多いので、いまさら打鍵音がどうこういう必要もないのでした。笑

なお、これGHDのバグキーだけでなくベガリでもバイブロでも同様で符号が安定しました。

ふとGHDのサイトにある GN207BKの説明書に書いてある調整方法を読むと、
http://www.ghdkey.com/image/pdf/GN207BK.pdf
-----
④ ツマミRを左から右に押した時にツマミの先端(体に近い方)が1~2ミリ動くようにネジOを合わせます
⑤ この時のバネ圧をネジPで合わせます
⑥ この時シャフトKに取り付けられた錘Lが左右に振れますがその動きが終息した時 ヘアピン接点NとネジMの先端に取り付けられた 接点が が軽く触れるようにネジMを調整します
⑦ ツマミRを右から左に押した時にツマミ先端で0.5~1ミリ位動くようにネジFを合わせます
-----
と言う具合に短点パドルは1~2ミリ、長点パドルは0.5~1ミリと可動量の調整について書いてあるじゃないですか。 この可動域で短点が連続して出るように短点コンタクトギャップを調整をすれば、今回広めに取ったギャップとほぼ同じになっていました。
-----
実際にゲージを当てて計ってみました。
パドル左羽根(短点)はこんな感じです。

短点パドルを右に倒すと

2mmちょうどくらい。
長点パドル(右羽根)はこんな感じ。

1mm弱くらいです。

短点可動域ギャップは

1mmくらい。
短点コンタクトギャップはこんな感じ。

1mm強といった感じです。
-----
長点可動域と長点コンタクトギャップは0.5mmくらいです。

 
初めからちゃんと説明書を読めということですね。これで安定した符号が送出できます。

Facebookで別プロフィールを作る方法

アマチュア無線関係のFacebookグループに参加していると実名主義Facebookではコールサインをプロフィール見て確認しなきゃなりません。要するに実名とコールサインが一致しにくい・・・。

そこでFacebookには仕事用・シュミ用などとプロフィールを切り換えて名前表示も変えることができます。

以下PCでの操作です。(たぶんスマホなんかでもできると思いますが)

画面右上の自分の顔をクリックして、下に表示される「設定とプライバシー」をクリックします。

次に「設定とプライバシー」のなかの「設定」をクリック

左の列に「個人の情報」というのがあるのでクリック

ここで「アカウントを追加」をクリックすれば、アカウントは一緒ですが別のプロフィールを作ることができます。(意味分からない表現ですね。アカウントとプロフィールがゴッチャですね。これ。)

AWTの遊び方

AWT(A1CLUB WEEKLY CONTEST)と言う遊びがあります。

毎週水曜日 21:00JST~22:00JSTの1時間、短期決戦スプリントコンテストです。A1CLUBメンバー以外でも何の制限もなく参加して楽しめます。(できればA1CLUBメンバーになっていただきたいのですが。笑)

A1CLUBのスプリントコンテストですから、A1CLUBメンバーが多いので、当然A1CC/A1AAのポイントになります。まだAWTに出たことがないかたは何匹もドジョウがいますので参加してみてはいかがでしょうか。

参加の準備としては、まず水曜の夜21時から22時を空けておくこと。w

使えるバンドは1.8/3.5/7/14/21/28MHzという所謂レガシーバンドの025~040kHzを推奨周波数としています。当然AWTが優先と言うわけではありませんので、AWTに参加していない局の通信に妨害を与えてはいけません。

21~22時ですから、季節にもよりますが7MHzと3.5MHzが主戦場となるでしょうか。

ログはPCロギングでも手書きでもなんでもよいのですが、DUPEチェックや得点集計を考えると CTESTWIN を使うのがお薦めです。最新のCTESTWINにはAWT(A1CLUBウィークリー・コンテスト)が含まれています。

起動してウィンドウの下にコンテスト名(この例では「マルチチェック無し」)

が出ていますので、そこをクリックしてAWTに変更します。

「マルチチェック無し」をクリックするとコンテストを選ぶ画面がでてきます。

「A1CLUBウィークリー」を選んで右下の「OK」をクリック。

下部のコンテスト名が「A1CLUBウィークリー・コンテスト」になっていることを確認後、右の自分が送出するコンテストナンバーを入力しておきます。AWTでは自分のハンドルを送る事になっていますで、自分は599KAZUです。ここまできたら何はともあれ、ここまでの情報を名前を付けて保存しておきます。

自分の場合は「AWT20240703」みたいな名前を付けるようにしています。交信データの書き込み先デフォルトは C:\Ctestwin 以下です。

ここまでできたら、もうCTESTWINの最低限の設定は完了です。バンドの切替は7MHzなど周波数部分をクリックすれば変更できます。

コンテスト参加中は、Call に交信相手のコールサイン、MyRSTに相手から送られてくるコンテストナンバーを入力してエンターキーを押せば記録されます。(エンターキーを押さないと記録されません)

-------

CTESTWINには便利機能があり、設定しておいたほうが良いのは「パーシャルチェック機能」です。 これは予めA1CLUBメンバーのコールサインとハンドルをダウンロードして、パーシャルチェック用のフォーマットにしてからCTESTWINに組み込んでおけば、コールサインの一部でも入力してあれば、その文字列を含むコールサインやハンドルがリアルタイムにパラパラ表示されます。 要するにカンニング機能ですね。これはラクチンです。笑

パーシャルチェックファイル(テキストファイル)はこんな感じです。

このファイルを読み込んで、試しにRRHと入力してみると

と言う具合にRRHと含まれるデータが表示されます。この時下向きカーソルキーを押すとJA9RRHの行が選択され、そのままエンターキーを押すと、コールサイン欄にJA9RRHが、MyRSTの599の次にSUMとハンドルが書き込まれます。

これは楽ちんです! この状態でエンターキーを押すと記録書き込みされます。

この画面で、登録(F1)・取り消し(F3)の右に「 0局」(交信局数が表示)とありますが、この「0局」をクリックすると現在のQSO数とマルチ(AWTの場合交信した局のコールサイン数)がリアルタイムの表示されます。

他にはRIGから周波数やモードの情報をUSBインターフェイス経由で貰ってきて反映させるとか、CQ TESTをPCから送信したり、5NNKAZU BKとかTU JF0RRH AWTとかを自動送信させたりできちゃいます。

-------

1時間経過してAWTが終わったら、やることは2つ。

ひとつはリアルタイムで表示されているQSO数とマルチ及び総得点を自己申告すること。

https://3830scores.com/

に行くと

こんな画面になりますので、左上にある「A1CLUB AWT - Jul 3」をクリックしてデータ入力します。

いろいろ有りますが、赤枠の処だけは最低入力します。メールアドレス・コールサインはそのまま入力。Single Opは変更しなくてOK。Powerは5W以下がQRP、100W以下がLP、101W以上がHPです。

バンド毎にQSO数を入力してもしなくてもOK。赤枠のトータルQSOとマルチ(ユニークなコールサイン数)、それから総合計スコアを入力して「Submit Score」をクリックすればオシマイです。

もうひとつやらなければならないことは、このCTESTWINで記録したログデータをTurbo HAMLOGにインポートすることです。

(続く)

 

HK-808 のツマミ交換

Facebookのお友達が HK-808 のツマミが割れて困っているということだったので、アマゾンで見つけた引き出しにや戸棚のツマミを買ってみました。M4ということなので、これでぴったりの筈です。5セットも要らないのですが、とりあえずポチりました。木製ということなので汗ばんでも滑らなくてよいかなーとほのかな期待。

https://amzn.to/3VSoVHI

翌日、着荷開梱したらこんなパッケージでした。

HK-808からツマミと火花除け(正式にはなんていうんでしょうか?)を取り外すと、このようにシャフトからオスネジが生えています。ツマミ側にタップが切ってあります。

ツマミと火花除けを取り外して、ツマミを比べてみます。

今回買った木製ツマミの方が背が低くズングリムックリタイプですね。

取付けようとしますが、なんとつまみ側のメスネジのタップがちゃんと切られていないようで、うまく入りません。

しかたがないので、付属のビスをドライバーでねじ込んでタップ切り。

なお、他の4個はこんなことしなくても、スムーズに入りました。これだけハズレたようです。w

火花除けを外して取り付けてみました。

結局火花除けがあった方が親指を休ませることができるのでw取り付けることに。

試し打ちです。まー。これもアリかな。笑

和文電信のススメ

欧文モールスを覚えて使いこなせれば、ラバースタンプ・コンテスト・599BK・QSOパーティ・OAMなどなど楽しめる場面は沢山あります。

欧文平文でのラグチューも英語がある程度できるかたなら楽しめることでしょう。 しかし自分のように英語を日頃まったく使う機会のないドメスティックなひとには、細かいニュアンスを伝え合うような交信は欧文では難しい・・・。 そこで和文の登場と相成ります。

なんてったって日本語ですから、気の利いた冗談が言い合えたり、季節の変わり目の微妙な気候の変化、方言による挨拶や会話などなどが考えなくてもできる有り難さ。

そんなワケで日本人なら和文モールスは出来ないより出来た方が良いと思います。(当社比w こればっか。w)

-------

和文だからといって特別な覚え方があるわけではなく、ただ欧文より覚える符号の数が多いだけ・・・。 いくつ覚えれば良いかというと

五十音で旧カナを除く46符号
濁点・半濁点・長音 3符号
ホレ・ラタ・句点・読点・かっこ・かっこ閉じ 6符号

の合計55個です。 これ符号数だけで言えば欧文の約40符号よりは15多いだけです。(数字は欧文・和文共通なので) 意外と覚える符号数多くないと思いませんか?(15個「も」多いとも言いますけど。。。気持ちの問題です。w)

旧カナは
ウヰスキーヲ ノミナガラ ヤツテイマス」
なんてことを打たない限り使いませんのでまず覚える必要はないでしょう。

-------

欧文の時と同じで点と棒でも音響受信でもよいので、まずは符号を覚えます。

覚える順番は日本語で頻出する順番というのを見つけましたのでそれを参考にすると

satzz.hatenablog.com

なんと「ぬ」が無い!

note.com

ここをみると

note.com

第1位…「い」833字(8%)  第2位…「ん」660字(6%)
第3位…「か」650字(6%)  第4位…「し」641字(6%)

第44位…「ー」(長音)61字(0.6%) 第45位…「む」50字(0.5%)
第46位…「へ」49字(0.5%)     第47位…「ぬ」12字(0.1%)

これを参考に和文はこの順番で覚えた方がよい」を勝手に考えてみました。

いんかしう
のとたにれ
なくてはこ
わきるをり
よあもすら
つせまちけ
おさそめゆ
みえふひや
ろねむへほぬ

この5(6)個のかなをブロックで覚えていって、7メガの和文局を探して、最初の5文字のみ筆記受信して、分からない符号は「・」を打つ方式で耳で覚えていけば良いと思います。

欧文の時と同じで符号を音で聞いて、すぐに文字が浮かび手が動く状態にならなければ、潔くアッサリと「・」を打つことです。

練習の頻度にも寄りますが、おそらく1~2ヶ月で筆記受信したメモをみると多少「・」があっても、日本語の有り難さで話の内容は、ほぼ完璧に分かるようになっている筈です。 どうせ大した話はしていません。w 天候や気候の話・電鍵の話・健康(病気・病院・クスリ)の話・アンテナやリグの話・孫の話・お空のコンディションの話などなど。

そのレベルまで来たら、CQホレを出している符号のキレイなかたをコールして交信してみます。

所詮アマチュアですから、相手の打っていることを100%コピーできる必要はありません。 日常の音声による会話だって、嫁さんの言ってることをテキトーに聞いて流してませんか?(笑) それでも会話はなんとかつながるモノです。(注:嫁さんの話をちゃんと聞いていないと、あとで不幸が訪れるかもしれませんが、これは和文とは関係ありません。)