QRPの楽しみ

以前より効率良く電波が発射できている模様の CPATUアンテナに変えてから、しまい込んでいた IC-705 をアンテナに接続し7MHz/CW に出ることが多くなりました。

ATU-100 を購入して 伸縮アルミポールの先に取り付けた CG-3000 ATU を IC-705 でチューニングできるようになったのもQRPでオンエアするようになった要因です。

3年前に再開局したときは、ベランダアンテナでHFに出てマトモに交信なんかできるのか?なんて思っていました。

ところがベランダアンテナも工夫次第でそれなりに電波は飛ぶ事が分かりました。
今は100ワット出せる免許も機械もありますが、50Wも出せば強く入感している局とはほぼ確実に交信できるんですね。(一部のドパイル局は除く)

そんな訳で、じゃ10Wならどうなのかな? 5Wならどうよ。 1Wでもイケるかな? みたいな交信もなかなかスリリングで面白いことに気付いたわけです。

1Wや5Wでコールしてコールバックが有った時の「やったーーー!」感はなんともいえない爽快感です。 タワーにでっかいアンテナ載せてぶん回し、キロワットリニアでエイヤっていうのも、それはそれで面白いでしょうが、別のジャンルとしてQRPも面白いと思う今日この頃です。(※あ・自分2アマなのでリニアでジャパーンってのはできませんが。笑)

空中カウンターポイズ追加

暫く使っていたカーボン釣竿アンテナを、ALL JAコンテスト直前にCPATU(ダイヤモンド共振型エレメント)に換えて3週間ほど経過。

よくQRVしている10MHz CWで、339とか219みたいなレポートを貰う事が立て続けにありました。ちょうど磁気嵐とかデリンジャー現象とかの時でしたが、こちらには559~579で入感していたので何故そんなに飛ばないのか?と少し悩んでおりました。

7MHzではA1CLUBの和文OAMでも立て続けにパイルに破れ、カーボン釣竿エレメント時代でもここまでパイルに連敗するすることは無かったため、これはホントに飛んでいないのかも・・・との結論に達しました。

飛ぶも飛ばぬもアース次第の1/4λ接地型アンテナですから、やることはアースの強化。マスト上部にCG-3000 ATUを取り付けた都合でアースはカウンターポイズを空中に10m程狭い庭に曲げながら(笑)張っておりました。もちろんこの状態でも全く飛ばない訳でもなくSWRも1.0にATUがチューニングしてくれていました。

これに12m程のワイヤをさらにもう1本追加してみました。1本目のワイヤも放射状にかつ水平に張りたいところではありますが、狭い庭でそれも叶わず、ジグザグ曲げたり、スローパーアンテナ風に斜めってたり・・・。笑

ま・少しでも良く電波が飛ぶようになればとお祈りしながら張りました。w

早速各バンドCG-3000 ATUでチューニングが取れるかチェックしたところ、全バンドSWR1.1以下(正確に言うと24MHzだけ1.1で後はSWR計の針は振れず1.0)でした。

空中ポイズ1本の時と違うのは、3.5MHzのチューニングが一瞬で完了するようになったこと。以前は数秒悩んでリレーがガラガラいってやっとSWRが1.0に落ち着く感じでした。恐らくATUへの負担が掛からない電圧給電ではない状態になったのだと思われます。

ちょうど群馬コンテストと新潟コンテストの日で、午前中まず手始めに高崎・前橋・伊勢崎・太田と10Wでナンバー交換をつつがなく済ませました。

その午後は新潟コンテスト。今度はIC-705 で1ワット QRPで呼び回りテストをしたところ、なんと10局くらい1Wで一発コールバック&ナンバー交換ができるじゃないですか!

もちろんお空のコンディションが良かったのも確かですが、以前のカウンタポイズ10m 1本の時よりは確実にコールバックの反応が良く、手応えがありました。

あわせて7MHz/FT8でも1WでCQを出して10局程度交信したのですが、頂くレポートも-10~-16dBくらいで相手の信号とそれ程遜色有りません。

定量的な数字はあまりないのですが、これは空中ポイズ追加の成果かなと。今度のCQ WW WPXでも試してみたいと思います。

スクイズで和文

先般ゲットしたベガリのパドル「Sculpture」。

高額パドルなもので買ったら使わなきゃという貧乏根性があり、この頃は和文スクイズでできるように練習しています。

まだすべての符号をスクイズ操作で送出できてはいませんが、ハッキリと言えるのはバグやエレバグ・縦ブレより圧倒的に楽ちんだということです。笑

ここのところ7メガは夜国内のコンディションがとてもよくて、和文交信にはもってこいです。昨日夜のラグチューの様子を撮影し、お相手のJA5OVU局の公開許可をいただきましたので、こちらに貼っておきます。

ミスタッチも多くて改善の余地がたくさん・・・。頑張ります。w

字幕は付いていません。

 

Begali のパドル Sculpture

これまた何の弾みかベガリのパドルをゲットしました。

コトの始まりはヤフオクにベガリが出品されているというSNSからの情報でした。それはベガリのストラデバリウス。既に絶版となっているモデルです。不肖ワタクシめもオークションに参加したのですが、予想を遥かに上回る金額で落札できず。そのことをSNSで書いたら、「それと同じ機種(ストラデバリウス)なら持ってるので使ってみる? お気に召さなければ返却してくれれば良いから。」とあるOMからありがたいオファーがありました。

そこでお言葉に甘えてお借りすることに・・・翌日着荷したので、早速試し打ちをしたのですが、どうも自分が想像していたベガリパドルのソリッド感(カッチリとした感じ)がなかったので、お貸しいただいたOMには申し訳なかったのですが、すぐに返却することにしました。

で、その後何がどうなってSculptureになったか記憶が曖昧ですが、やはりSNSに「やっぱScultureかなー。(ぼそっ)」と書いたら、(イタリアから直接じゃなくて)ウエダ無線さんから買えば今週中に手に入るぞ!」という悪魔のささやき。

そんで注文して2日で手元にやってきたと言うわけです。

本体とともに両端ステレオミニプラグのついたケーブルが同梱されていました。

開封してみると、カタログや保証書(的な紙切れ)が入っていましたが、そういえばIntrepidをBegaliから直接買ったときに入っていたコースターやボールペンは入っていませんでした。

いよいよビニールに包まれたご本尊が出現。

手に取ってみたら重いのナンノ南野陽子・・・。w 確か1.5kgくらいでズッシリと安定感があります。

ひっくり返してみるとシリアルナンバーとサインが。

背面底部にはステレオミニジャックが付いています。これはポイントが高い!

早速接続してみます。

ざっと調整してみて試し打ちしてみました。

想像していた通りのソリッド感(カッチリ感)のある打ち心地。なんか自分が上手くなったような錯覚すら覚えます。

あとコンパクトでデスクの場所をとらないのがFBですね。その割に重くて安定感抜群なのがよいです。

大事に使います。

IC-705でCG-3000 ATUを使う(その3)

マニュアルアンテナチューナを使ってIC-705をダマして3W以上の電波を出させて、その勢いでCG-3000をチューニングすると言う荒技はその後も上手く動いています。

マニュアルチューナの調整はかなりクリティカルではありますが、確実に動くことが分かったら、今度はもっと楽できないか?と考えました。

マニュアルで動くならATUでボタン一発!も出来るんじゃないかと思い、中華製のATU-100を買ってみることにしました。AliExpressで約7000円。

ATU-100

ATU-100と言っても色んなところから売られていて、どれを買えばよいのやら・・・。
いろいろ調べてみると、IC-705のようにSWRが高いと出力抑制がかかり1W程度になる送信機でも使えるという記述があるものを選びました。ファームウェアのバージョンは3.2じゃないとダメらしいです。(もちろん嘘も多いのでダメモトですが)

接続方法としてはマニュアルチューナをそのままこのATU-100に置き換えるだけです。

果たして上手く動くでしょうか。乞うご期待!

翌日早くも着荷。ポチって3日半くらいで届きました。

早速開梱。

f:id:jf0rrh-1:20240511115232j:image

入ってものはATU本体と電源ケーブル、それから(説明書もなんもないのですが恐らく)USB-Cから9Vを作り出すコンバータ基板。

今回は13.8Vを安定化電源から供給するので電源ケーブルと本体のみで用が足ります。

ただし電源ケーブルが短すぎなのでパッチンコアに3回巻いてから継ぎ足ししました。

f:id:jf0rrh-1:20240511115603j:image

f:id:jf0rrh-1:20240511115600j:image

同軸ケーブルINとOUT、それから電源ケーブルを繋げて電源スイッチONしてみると

f:id:jf0rrh-1:20240511115655j:image

とりあえず表示されまして、ひと安心。

早速チューニングを取ってみます。

ATU-100のTUNEボタンを一度チョン押ししてリセット。その後長押ししてTUNEスタンバイの状態になります。おもむろにキャリア送出スイッチを押すと・・・・なんということでしょう!  ATU-100のリレー音がカラカラと音を立ててすぐにパワーが出て、CG-3000のチューニング動作になりました!

f:id:jf0rrh-1:20240511121448j:image

他のバンドも試してみると、高めのSWRになる時もありますが、もう2〜3度チューニングを取るとSWRは1.2以内に収まります。

結論ですが、IC-705でCG-3000 ATUを使う時には、間にATU-100(ファームウェアバージョン3.2)を入れれば使える! でした。

下記の動画はIC-705の出力を30%(実測で3W前後)にして各バンドでCW信号を入れてチューニングしている様子を撮影したものです。

CWでキーダウンするとATU-100のリレーがカリカリ言いながらIC-705のSWR計がサーッと下がります。(勿論この先に繋がっているCG-3000 ATUのリレーもガラガラ動いています。)

IC-705でCG-3000 ATUを使う(その2)

前回IC-705のTUNERジャックを使って10ワットキャリアを出すスイッチを作りましたが、やはり高SWR時にファイナル保護機能が働き出力を1ワット程度に低減してしまう仕様のためIC-705ではCG-3000 ATUは使えないという結論に達しました。

f:id:jf0rrh-1:20240506133638j:image

その話をお友達の 7K2COL に話したら「ATUの意味がなくなるかもだけど、IC-705の直後に手動アンテナチューナー入れてみたら?」とアドバイスされました。

確かに意味不明ですが、使われずに遊んでたダイワの手動アンテナチューナーがあったので、とにかく繋げて試してみました。

f:id:jf0rrh-1:20240506133603j:image

実際やってみました。すげークリティカルなんですけど、IC-705が一瞬でも3ワット以上出す気になってくれてCG-3000がチューン動作に入ってさえくれれば、一応ですが自力でATUチューニングできるようになりました。(笑)

f:id:jf0rrh-1:20240506141049j:image

ANT側とRIG側のバリコンを回して一瞬でもパワーを出してくれる場所を探す操作は、大昔プレートとロードつまみをクルクル回して、電波を出す前に6146Bとかの真空管ファイナル調整を行う儀式にも似た感覚です。めんどくさいけどいかにもキカイをいじってます的なオタク感満点です。

超原始的ですがバリコンの調整位置をメモっておきました。笑笑

f:id:jf0rrh-1:20240506140901j:image

IC-705でATUチューニングのために10Wキャリアを出すスイッチ

以前 IC-7300に接続した CG-3000 ATUをチューニングするために、10Wキャリアを出すスイッチを作りました。

jf0rrh.com

「作る」と言っても抵抗とダイオード各1本をコネクタの間に空中配線し、モメンタリスイッチ1個の超簡単工作でした。

今回IC-705でも同じものが出来ないかググってみたら先達が実験して作ってくれていました。

jj1lfo.fc2.net

以前 IC-705でCG-3000 ATUが調整できないか実験してみたときはNGだったのですが、上記の記事に、10Wキャリアが出ると書いてあったので作ってみることにしました。(注:作ってはみましたが、結果としてはこれでもやはりIC-705ではCG-3000 ATUは使えませんでした。)

必要部品は
47kΩ抵抗 1個
ダイオード 1個
電解コンデンサ 1μF
ステレオミニプラグ
3芯ケーブル
プッシュスイッチ(モメンタリ) 1個
2芯ケーブル

以前 IC-7300/7610用の10Wキャリア送出スイッチを作るときに部品を余計に買ってあったので47kΩ抵抗とダイオード、それにプッシュスイッチ(モメンタリ動作)は手持ちにありました。ステレオミニプラグと3芯ケーブル・2芯ケーブルはジャンク箱に転がってました。

あと必要なのがコンデンサなのですが、先日DitDahChat用にPCのUSBマウスを改造したときの残骸基板があって、その中に10μFの電解コンデンサがあるのを発見!

この基板から電解コンデンサを取り外して再利用することに決定!

半田吸い取りの網線を半田ごてで暖めて部品を取り外します。

キレイにハンダを除去でき、電解コンデンサの取り出しに成功!

早速、ダイオード電解コンデンサの極性に注意して空中配線を敢行。

物理的にはかなり怪しい結線ですが、ま・こんなんで良いでしょう。w

ビニルテープで絶縁して、巻き巻きして完成です。

このステレオミニプラグをIC-705のTUNER端子に差し込み、スイッチを押すと10Wキャリアが送出されるという寸法です。

果たして上手くいくか? とやってみると、たしかにキャリアは出るのですが、以前と同じく高SWR時には自分自身のファイナルを守るために自動的に出力を1W程度に低減しちゃう機能が付いており、このボタンを押してもやはりパワーは1W程度しか出ません。

こちらで書いたとおり最低でも2~3WないとCG-3000 ATUはチューニング動作になりません。

jf0rrh.com

結論としては役に立たないものを作っちゃった・・・と言うわけでした。。。

どなたか IC-705 の保護回路を1Wではなく3Wくらいに改造する隠しコマンド的なのをご存じないでしょうかねえ。(笑)

仕方がないので現在はCG-3000 ATU + CPATUアンテナエレメントの調整を IC-7610 でやっておいてから、リグを IC-705 に切り替えてオンエアする・・・なんてめんどくさいことをしています。